登記、税務署への届出

登記

会社設立は、法務局において登記を行なうことにより、法人格が付与されます。会社に関する登記については、通常、一定の期間内に申請をすべきことが定められています。この期間を過ぎた場合は過料の制裁を受ける可能性がありますのでご注意ください。

登記の申請は、代表者(設立等の登記については,会社を代表することとなる者)が会社を代表して登記の申請をします。なお、登記の申請については、代表者に代わって司法書士が代理することも認められています。

登記の申請に必要な書類、申請フォームについては、下記法務省ページに掲載されていますので、ご参照ください。

http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

税務署への届出

会社設立後は、税務署に対して届出を行なうことが義務付けられています。提出が必要な書類等につきましては、下記国税局ホームページをご参照ください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5100.htm

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249