改正労働契約法施行日について(追記有り)

 改正労働契約法のうち、①無期労働契約への転換、②不合理な労働条件の禁止の二点の施行日については、「公布日から起算して1年を超えない範囲内で政令で定める日」とされていましたが、このたび、厚生労働省の労働政策審議会において、施行日を「平成25年4月1日」とする旨の答申が出されました。

厚生労働省は、この答申を踏まえ、速やかに政省令等の制定を進めることとしています。

詳しくは下記をご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002lhmc.html

◆以下、平成24年12月13日追記

上記答申に沿って、①、②の施行日は平成25年4月1日と定められました。

また、改正労働契約法の施行通達が発表されています。

有期雇用から無期雇用への転換措置についても詳細に解説していますので、ご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/dl/h240810-02.pdf

 

 

 

 

 

 

 

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249