フレックスタイム

フレックスタイム(制)とは1日の労働時間を必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)と一定の時間帯の中であれば好きな時間に出社・退社しても良い時間帯(フレキシブルタイム)の2種類の時間帯に分け、労働者に決定を委ねる勤務システムです。

フレックスタイムのメリット

フレキシブルタイムにより、労働者自身が好きな時間に出社・退社が可能なため、前日の夜遅くに仕事をした場合は、翌日の出勤時間を少し遅らせることが可能です。
また、出勤時間を遅らせることで通勤ラッシュを避けることも可能です。
上記の様に個々の都合や身体的な負担の軽減に非常に適したシステムです。

フレックスタイムのデメリット

一方、出勤時間を遅らせることが定常的になり、常に遅刻をしているような状態になってしまったり、他部門や取引先との連絡を行う場合は、時間の設定が難しいという問題点もあります。

対処法と問題点

デメリット面の防止のため、フレックスタイムを行使した勤務時間とする場合、あらかじめ次の週の出勤予定時間を上司に申告するなどといった方法があります。
フレックスタイムを使用して出勤時間を早めても早く退社できず、結果として労働時間を多くしてしまうといった例もあります。

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249