休憩時間

休憩時間とは、従業員が使用者の指揮監督を受けず、労働から離れ、自由に利用できる時間を指します。

労働基準法では、1日の労働時間が6時間を超える場合は、労働時間の途中に最低45分、8時間を超える場合は最低1時間を与える必要があります。

また、休憩時間は原則として一斉に与える必要があります。

例:所定労働時間7時間30分の場合
 →45分の休憩時間を与えれば足りますが、8時間を超えて残業させる場合は、追加で15分の休憩を与えないと労働基準法違反となります。

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249