時間外協定(36協定、サブロク協定)

時間外協定とは、法定労働時間を超えて、または法定休日に働かせる場合に必要なものです。

法定労働時間を超えて従業員を働かせると違法です。また法定休日に働かせても違法です。

ただし、時間外協定を締結して労働基準監督署に届け出れば、法定労働時間を超えて、また法定休日に働かせることが認められています。労働基準法第三十六条に根拠条文があるため、一般的には36協定と呼ばれています。

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249