年次有給休暇

年次有給休暇とは、一定期間勤務した従業員が有給で休むことができる休暇のことです。

労働基準法は、各勤続年数に応じて、下表の日数の年次有給休暇を取得する権利を従業員に与えることを義務付けています。

勤続年数 6ヵ月 1年6ヵ月 2年6ヵ月 3年6ヵ月 4年6ヵ月 5年6ヵ月 6年6ヵ月
年休日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

なお、各勤続期間において出勤率が8割を下回る従業員に対しては与えることは義務付けられてはいません。

例:1年間の所定労働日数が240日の企業において、190日出勤、50日欠勤の場合

→出勤率が8割を下回るため、年次有給休暇を取得する権利が発生しません。

 出勤率=(出勤日/所定労働日数)×100

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249