実務Q&A

届出

傷病手当金と出産手当金の「医師の証明」の違いは?

傷病手当金における『労務不能期間』についてですが、医師の先生は、あくまで『経過した期間』についてしか労務不能のものとして証明することができないと聞いています。この考え方は、出産手当金についても同じで、産後休業が終了してからでないと証明を受けることができないのでしょうか。

傷病手当金を請求する場合には、医師の先生に労務不能期間についての証明を受けることになります。おっしゃるように、医師が労務不能のものとして証明できるのは『経過した期間』についてのみであり、例えば「4月1日~4月30日」が労務不能であったという証明を「4月15日」にすることは物理的にはできません。労務不能であったという事実に対してなされる保険給付なのですから、将来に対しての証明は行われることはないのです。
   出産手当金も傷病手当金と同じく、要件を満たした"期間"に対する給付と言えます。ですが、医師は、『出産の事実に対しての証明』をすれば良く、傷病手当金のように"期間"に対しての証明までを求められてはいません。産後休業期間の終了を待つ必要はなく、出産した後にすぐ証明を受けることで問題はないでしょう。
(平成19年01月19日記載)

実務Q&Aトップに戻る

実務Q&A(労務管理)

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

実務Q&A(届出)

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249