実務Q&A

労務管理

育児休業から復職直後に退職を申し出られた場合は?

育児休業終了後、復職するなり「未消化分の有給休暇を取得して辞めます」と申し出がありました。会社として、この希望をどこまで受け入れるべきでしょうか?
また、このような事態を招かない為、どのように育児休業制度を整備しておけば良いですか?

納得しがたい点もあるかもしれませんが、この希望は全て受け入れなければなりません。育児休業の目的は「子の養育を行う労働者の雇用の継続及び再就職の促進」ですから、復職後継続して働くことが期待されます。しかし、これをもって労働者の退職を阻むことはできません。有給休暇についても、取得の申し出を拒否することはできません。
会社で作成している育児休業規則において、育児休業の対象者は「引き続き勤務する意思のある者」
と定める方法もありますが、強制力はありません。そこで、休業者の職場復帰及びその後の労働意欲を高めるために以下の方法をおすすめします。
①休業者に現在の会社及び復職後に担当する業務の情報を発信する。
②復職が近づいてきた場合は、復職後の勤務時間等の労働条件について面談を行う。
(平成16年12月「企業実務」より)

実務Q&Aトップに戻る

実務Q&A(労務管理)

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

実務Q&A(届出)

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249