実務Q&A

労務管理

割増賃金の計算における端数処理のルールは?

割増賃金を計算するにあたって、30分未満の端数を切り捨て、1時間を最小の単位として処理したいのですが、法律上可能なものなのでしょうか。

結論としましては、割増賃金の計算は『1分単位』で行うものが正しい方法といえます。 ちなみに、労働基準法の条文(37条)では、端数処理等の細かい運用方法まで言及はしていません。 端数処理の方法は、条文の具体的解釈を補助するものとして出されている「行政通達」によります。その「行政通達」では、事務簡便を目的とした端数処理のひとつとして、「月単位での時間外総労働時間数の30分未満を切り捨て、30分以上を切り上げる」方法を認めていますので、端数処理を行うとすればこの方法によるのではないでしょうか。 また、労働基準法の基準を上回るようなものであればこの方法によらなくても問題はありません。
なお、最近では、給与計算システムの発達により、特別な端数処理をせずに計算している事業所も少なくないでしょう。
(平成18年08月01日記載)

実務Q&Aトップに戻る

実務Q&A(労務管理)

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

実務Q&A(届出)

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249