実務Q&A

労務管理

過払いしていた家族手当を社員から返還してもらう方法は?

社員が扶養配偶者がいなくなっていたにもかかわらず会社に申告していなかったため、家族手当(合計8万円)を不当に受給していたケースで質問です。なお、就業規則で「扶養配偶者がいなくなった翌月から家族手当は支給しない」と定めています。
①返却してもらうのが筋だと思いますが、既に給与として支払っているため何らかの規制がありますか?
②返却してもらえる場合、給与または賞与から天引きすることは可能ですか?

回答は次のとおりとなります。
①当該社員が受給していた過払い分の家族手当は、民法703条でいう「不当利得」にあたるので、給与として支払ったこととは関係なく返還を請求することができます。
②給与からの天引きは可能です。ただし、判例は「社員の生活を圧迫せず、かつ先延ばしにするのではなく迅速に行うように」と述べています。よって、8万円を一度に差し引くことが当人にとって厳しいのであれば、4万円を2回に分けて差し引く方法などが考えられます。
アドバイス:社員に十分な反省を求めるとともに、返還させる額、時期について書面で残しておきましょう。
(平成15年01月「企業実務」より)

実務Q&Aトップに戻る

実務Q&A(労務管理)

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

実務Q&A(届出)

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249