実務Q&A

労務管理

上司が同行した出張にみなし労働時間は適用されるか?

出張の場合、出張規程により、宿泊費、日当等が定められており、出張当日は労働時間の「みなし規程」により残業手当は生じません。これに対して上司に同行して出張した社員から「事業場外ではあっても上司に同行した出張で、みなし規程の適用はおかしい」との申出がありました。この場合、残業手当を支払わなければなりませんか。

原則、上司が同行した出張は事業場外労働のみなし労働時間制は適用されません。みなし労働時間制が採用できるのは、あくまで労働者の労働時間の管理ができない場合です。その上司が社内において管理・監督者であれば同行した場合はもちろん、労働者のスケジュールを逐一携帯電話等によって管理できるような状況であれば、労働時間を算定することが困難であるとはいえません。したがって、時間外・深夜割増賃金等の残業手当の支払義務は発生します。
(平成18年09月「企業実務」より)

実務Q&Aトップに戻る

実務Q&A(労務管理)

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

実務Q&A(届出)

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249