もめ事解決にICレコーダー活用

インターネットでこんな記事を目にしました。

“DVの「証拠」を録音 もめ事解決にICレコーダー活用増える”

 

産経新聞の記事らしいですが、

最近のICレコーダーは高性能なのはもちろん、

安価で消費者も手に取りやすく、

会話や物音を手軽に残すことのできるツールとして

水掛け論を回避する手段に役立っているとのことです。

 

どうやら、

DV、いじめや近隣住民とのトラブルなどの証拠作りに一役買っているようです。

 

これは、「労使間のトラブル」にも言えることで、

退職の強要パワハラいじめ等々…利用価値は高いと思われます。

 

先日、お世話になっている社労士の先生と話したところ、

最近では、相談をする労働者の方から、

「録音記録を聞いて欲しい」「ICレコーダーで記録をとってくるので」などと

録音前提で話を進めてくるケースも多いとのこと。

 

客観的な証拠と言えば、

書面かメモ等の記録が一般的ですが、

これに、録音記録が加われば証拠能力は格段に上がります。

 

労働法絡みでよく言う “実態”

いとも簡単に証明できてしまうわけで、

会社側も「書面で残しておけば何とかなる」、「口裏を合わせておけば」

といった対応(ゴマカシ)ではカバー仕切れません。

 

スマートフォンにも、

結構なボイスレコーダーアプリが標準搭載されているくらいですし、

「何かあったときのための録音」というのは

最早当たり前と考えておいたほうがよいのかもしれませんね。

 

山本

企業の社長・担当者様、労務問題でお困りではないですか?

お早めに、労務コンサルタントの相談をご利用ください。

その他の事でもご相談ください

こんな時はご相談ください

相談のお申込み

実務 Q&A

労務管理

  • 採用・雇用契約・異動
  • 労働時間・休日・休憩・休暇
  • 退職・解雇
  • 賃金・退職金
  • 安全衛生
  • 育児・介護
  • その他

届出

  • 健康保険・年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

給与

  • 給与計算

当事務所はワンストップでお客様の相談に応えます。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 弁護士
SRP認証番号111249